世界一受けたい授業は何気に大学在学時から見ていたりする青柳ロキです.
初めての放送が2004年10月30日だから……大学1年の頃からか.

この時に確か,齋藤孝さんの「三色ボールペン」の放送を見て,「すげー!なるほど!」と思って真似して,今でもやっている.
普通の三色ボールペンはだがに変えるというもの.

=客観的にすごく大事なこと
=客観的にまぁ大事なこと
=自分の主観で面白そうと思ったこと

上記のことを本を読んだり,スケジュールを書くときなどにするといい,などとおっしゃっていたと思う.
それで,自分も自作して使っています.


そんな番組に,鳥取環境大学の小林朋道教授が出るとかCMで聞いて,どんな話をするのか聞いてみたいと思った.
私が在籍していた学科の先生ではないので,卒業論文製作や研究などでそちらに配属されることはまったくなかったが,生物学・生態学で一般教養の範囲のような授業(選択科目)を受けたことがある.
一般教養とはいってもかなり専門的な話ではあったことを記憶している.

そんな先生が全国区の番組に出演するなんてこれは見たいと.

ただひとつ疑問なことに,最近,鳥取環境大学は入学生が減ってきて,それを増やすための知名度取りたがりな気配がしなくもない.