スマホといえば,今はXperia PLAYを使用している青柳ロキです.

ソニーモバイル、XperiaスマートフォンのAndroid 4.0アップグレードについて進捗を公開!Xperia PLAYへの提供は断念(エスマックス) - livedoor ニュース

ソニーモバイルいコミュニケーションズは25日(現地時間)、同社が運営する公式ブログ上で現在販売中のXperiaスマートフォンにおけるAndroid 4.0(開発コード名:IceCream Sandwich)へのOSバージョンアップに対する進行状況を報告しています。

まず、2012年モデルとなる「Xperia NXTシリーズ」のアップグレードは計画通り進行しており、Xperia Sは2012年6月末から提供を開始するとしています。また、Xperia PとXperia Uは少し遅れて、今年の第3四半期に開始される可能性であるとのことです。

続いて、2011年モデルのXperiaスマートフォンについては、Xperia arc SやXperia neo V、Xperia rayに対してはすでに先月から提供を開始しており、残るXperia arc、Xperia neo、Xperia mini、Xperia mini pro、Xperia pro、Xperia active、Live with Walkmanについては、来週から開始するとしています。

この際に提供されるOSバージョンはAndroid 4.0.4を予定しているとのことです。Xperia arc S、Xperia neo V、Xperia rayに対しては現在Android 4.0.3が提供されていますが、こちらにも準備が整い次第、同じAndroid 4.0.4を配信する予定としています。

なお、Xperia PLAYがリストから外されていることに気がついた方もいると思いますが、ソニーモバイルでは今回、Xperia PLAYへのAndroid 4.0アップグレードを断念したと発表しています。理由について、特にゲームにおいて一貫した安定性が保証できないからだとしています。



Xperia PLAYのAndroid4.0へのアップグレードを断念….


なんと残念なことか!
というか,デジャヴ!?

LYNX SH-10Bでも同じようなことがあったような.


かなり期待していたんですけどねぇ.
ゲームの安定性が保証されないということであれば,仕方ないといえば仕方ないのかもしれないが.
やはり,変わり種を使用している以上,これは天命なのか.

今後Android4.0にアップグレードしていって,アプリもそれに対応していくといえば,おのずと2.3のバージョンでっは使えません!とかなる可能性大ですわ.

そうなったら,また乗り換えるべきことになるのかねぇ.
まぁ,今のところ不便はないからいいけど.

やーばーいーなー.